FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

中村俊輔

サッカー 日本代表 対 UAE が今夜あったので、

以前読んだ中村俊輔の「察知力」を紹介。

察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)
(2008/05)
中村 俊輔

商品詳細を見る


これまでは、中村俊輔といっても
「フリーキックがうまくて、寡黙な感じ」というイメージだった。

しかし、これを読んでからは、彼に対するイメージは変わった。
彼のプレーや、試合後のコメントを意識してみるようになった。


印象に残ったのは次の3点。

 ①「細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで
     人の成長は違ってくる。
     ~ 同じ映像を見ながら、なにを察知し、感じ、自分のものにするか
     ということが大事だと思う」


  → 常に敏感でないといけない。
    同郷 A田のヒーロー 加藤鷹も似たようなことを言っていた。
    「まずは正しいク○○から。どう感じているか、観察しながら」
    一流はさすがだね!!

 ②「監督の要求を察知し、自分の特性を活かすことを考える。
   そのためにも自分を知っておくことは大事だ。
   自分ができること、できないことを」

  
  → 「監督」を、上司、同僚、恋人などに置き換えることができる。
    要は、すべての対人コミュニケーションにあてはまる。

 ③「メンバーに残れなかったのは、何かが足りないからだと感じ、
   足りないものを見つけて成長するために活かそうと考えていた。
   そうしなければ、トルシエ監督と過ごした時間が
   意味のないものになる。
   大事なのは、これから先だ」


  →2002年W杯日本代表に選ばれなかったことに関して。
   腐るのではなく、先を見ている点にポジティブさを感じる。
   悔しい思いも、無駄にすることなく、未来の糧にしなければ。

   ここを読んで、「メンバー」→「恋人」に
   「トルシエ監督」→「元カノ」に置き換えてみた...


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(仕事術) | コメント(1) | トラックバック(0)2008/10/09(木)22:01

コメント

なるほどぉ

察知力。
凄い大事ですよね。
小さいことに気づけるかどうかで変わるというのは納得です。
自分も察知力を磨いていかないといけないと思いました。
ぽちっと!

2008/10/09(木)23:28| URL | yuu #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。