FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

丸善とH&M

一次面接は1020から始まり、1050に終了。

帰りの夜行バスは2150出発。

10時間以上あるので、東京駅周辺を散策。


行き先は本屋さんと銀座周辺。

まず本屋さん。

本好きの私は本屋さんにいるのが楽しい。
その興奮度合いは、tsutayaのA○コーナーに行く以上である^^
脳がうずく。

この日は丸善丸の内店と八重洲ブックセンターへ。
扱っている本が同じでも、並べ方、おすすめ本が違っておもしろい。


次に銀座。

なぜ銀座かというと、H&Mを見てみたかったから。

ビジネスマンたるもの、流行には敏感にならないと!
(現状は高学歴ワーキングプアだが…)
↑これは別にどうでもいいんだけど。

一番の理由は、7月に香港に行った時にH&Mに入ってみて、
値段の割りにデザインがステキで気に入ったから。
もちろん9月に日本にも出店するというのも承知の上でH&M香港店行ってみた。

そのときの感想としては、
 ①デザインがいいので、たいていの女性にはうけるだろう。
 ②デザインがいいので、一部の男性にはうけるだろう。
  →「デザインのH&M、質のユニクロ」らしいから、
   ユニクロですませる男性は購入まで至るだろうか? 
   ちなみに「トレンドのH&M、ベーシックのユニクロ」でもあるらしい。

H&M香港店でこのジーンズが気に入った。
H&M 1

IMGP0226_convert_20081008143339.jpg
↑気に入りポイントは、この後ろのポケットのうえのチャック。
 かつ、左上のチャックの上の小さなポケットと程よい色あせ具合。

ショッピングしに香港に行ったわけでないけど、買ってしまった。
これで5500円くらい。
このデザインでこの値段はお得!


この日H&M銀座店で特に見るべきポイント①は、このジーンズがあるかどうか。

果たして、銀座店にはあるか?

 →なかった。見た感じジーンズは一着しかなかった。
  さすが多品種少量生産。

先日、図書館で見た日経流通新聞に「H&M 3つのびっくり」
という記事があり、そのひとつが「衣料店なのに並ばないと入れない」
これがH&M銀座店で特に見るべきポイント②。

果たして、平日の夕方はどうか?

 →やはり並んでいた。
  せっかくだから並んだ。
  でも、5分もしないうちに入れた。
 
  外でも並んでいるので、レジはもちろん長蛇の列だった。

他に気になったのは、スーツ。
前職ではスーツ不要だったので、スーツは一着しかない。
よって、入社を控えているので新しいのが欲しい。

見たら、さりげなくオシャレだった。
内側の縫い目が赤or青のラインが入っているところとか。
値段は27900円くらいだった。

見ただけで、買ってはいない。


せっかくだから、対抗するユニクロ銀座店にも行ってみた。
銀座店だけに、地方店とはどこか差別化しているだろうという仮説。

果たして、違いはあるか?
 
 →高級感あり。
   具体的には、
   ①内装が白とこげ茶の落ち着いた雰囲気。
   ②大人向けのフロアは、BGMがJazzだったりして大人な雰囲気
   
  扱っているもの自体は地方店と同じ。
  強いて言えば、大人向けのコーナーが多いかなというところ。

IMGP0932_convert_20081008144408.jpg

参考までに。
日経流通新聞9月3日付け によると
世界の衣料品専門店の売り上げは
 
 1位 GAP
 2位 ZARA
 3位 H&M
 飛んで
 7位 ユニクロ

 びっくりなのが
 12位 しまむら
 → 言われてみれば、店舗数はユニクロ以上。
   意外とがんばっている。
   しかし、銀座にはなかった。

 以上、主に銀座レポートでした。


スポンサーサイト

テーマ:ちょっと、お出かけ│ジャンル:地域情報
| コメント(0) | トラックバック(0)2008/10/08(水)15:14

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。