FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ひらめき脳

ブックオフの半額セールに行ったらあったので買ってみた。

ひらめき脳 (新潮新書)ひらめき脳 (新潮新書)
(2006/04/15)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


「脳を活かす勉強法」やNHKのプロフェッショナルでもおなじみの茂木健一郎氏。

ひらめきのメカニズムなどをわかりやすく説明している。

この本の中で印象に残ったところは次の3つ。

 ①「学習によって記憶のアーカイブがある程度蓄えられていないと、ひらめきも生まれません」
  「ひらめきや創造性は、記憶の働きから生まれる可能性が高い」
  
  →ひらめくためにはいろいろな知識を持っていないとダメみたい。
   知識が脳内で化学変化を起こすとのこと。

 ②「リラックスできる環境は、表現を変えると退屈な時間、退屈な場所であります。 中略 「退屈という空白」を補おうと、何かを自発的に作り出そうとします」
  
  → たまにはボケーっとして脳を休ませつつ働かせることも必要ということですね。

 ③本の要点ではないが、面白いと思ったところ。
  英語のことわざ「最初のペンギン」…ペンギンは海に飛び込むことを恐れるが、一匹が飛び込むと皆が飛び込む
   → 勇気を持って新しいことにチャレンジする人のこと

   → ペンギンも人間と同じなんですね。

以上、個人的に印象に残ったところでした。
この本の内容を知りたい方は、本の写真をぽちっとおしてください。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(1) | トラックバック(0)2008/10/04(土)22:09

コメント

こんにちは!!

3年3ヶ月で辞めた若者さんこんにちは!!
リンクのご依頼ありがとうございます。
リンクしておきました。

ひらめきのためには、知識が必要。
なるほど、そうかもしれませんね。
まずは基本の知識を得ることからということですね。
なんか凄い納得できます。
ポチッと応援しておきます!!

2008/10/05(日)06:34| URL | yuu #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。