FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

「若者はなぜ3年で辞めるのか?」

この本を読んだのは、つい最近。

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
(2006/09/15)
城 繁幸

商品詳細を見る


それで述べられている結論から言うと、若者が3年で辞めるのは

 ①年功序列が崩壊
    → 一昔前より生涯で得られる給料が減少
     → 働き損で終る
       → やり場のない徒労感

 ②少数採用で優秀な人たちが入社
   → 意識が高すぎて、希望と大きなギャップ
     → フラストレーション  

とのこと。


私が3年3ヶ月で辞めたのは、主にこの4つ。

 ①カンブジエイカンは海外勤務の可能性が少なからずあるという理由
 ②他に選択肢がなかったという消極的理由
 ③明確な人生のビジョンがあったわけではなく、
  「とりあえず公務員かな」という理由
 ④このままいた場合の自分のレールが見え、それに魅力を感じないという理由

いちばん大きいのは①。
もっと海外と関わりのある仕事がしたいと思ったから。
特にモトカノがキャリアウーマンでよく海外出張していて、
彼女が楽しそうに働いているのを見て、その思いが強くなった。
というわけで、現在は商社に絞って転職活動中。



この本の結論と照らし合わせると

 ①年功序列について。
   まだまだ健在。なんといっても軍隊だから。
   むしろ、そのままいた方が将来は安定。
   それが公務員のメリット。

 ②希望とのギャップについて。
   当初はなんとなく入った。他に選択肢もないし。
   とりあえず社会人にならねば、と思っていた。
   あえて希望というならば、海外勤務の件。
   残って働いていれば、その可能性はあったかもしれない。
  しかし、行けても2年程度。
  その他の20何年はほとんど関係ない業務だろう。

以上より、
私に当てはまるのは、②希望とのギャップ。


今日は自分のことと照らし合わせての読書メモでした。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(2) | トラックバック(0)2008/10/02(木)23:29

コメント

へー!!

コメントありがとうございました!!
自衛官のころのお話なかなか面白そうですねぇ。
友人には余り居ないので、気になります。
もし気が向いたら書いてください
ブログランキングも始めたのですね。
ぽちっと押しておきます!!

2008/10/03(金)00:10| URL | yuu #- [ 編集]

「ぽちっと」押していただきありがとうございます。

ジエイカンのことはネタがないときに書いていこうと思います。
ただ、情報漏えいがうるさい組織なので、それに触れないようにしないとならないのです…

2008/10/03(金)22:57| URL | 3年3ヶ月で辞めた若者 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。