FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

司馬遼太郎記念館

最近はまっている、司馬遼太郎。

読んだ本の巻末に
「司馬遼太郎記念館へのお誘い」
という広告が載っていた。

よく見ると、大阪!
私が現在いるもの大阪!

ならば、行かないわけにはいかない!


地下鉄、近鉄奈良線を乗り継いで到着。


訪れての感想は次の3つ。

 ①コンセプトが他の記念館と違う。
  
  よくあるように、生い立ちから、ではなく
  司馬遼太郎の本と蔵書と、使っていたものを展示しているだけ。
  「司馬遼太郎と訪問者との対話」がコンセプトのようだ。
  なんと、その蔵書は6万冊!
  歴史小説家だけに、各地の地史や古典など莫大な量。
  展示されている蔵書は2万冊だが、その展示っぷりがすごい。
  本棚が、高さ11mの吹き抜けになっている。
  
  まるで、司馬遼太郎の頭の中の一部が展示されているよう。

  あれだけの小説を書くには、莫大な量の参考資料、
  そして、歴史への情熱がなければ書けないのだろう。

 ②記念館の場所が、自宅の敷地内。

  すぐ隣に自宅があり、書斎が窓越しに見えるようになっている。↓

  書斎

  ここから、名作が生まれたのかと思うと、心が踊る。


 ③有名建築家、安藤忠雄の設計。

  先述の本棚も、安藤忠雄のアイデアらしい。
  「司馬遼太郎と訪問者との対話」というものを、うまく表現している。

司馬

  右に見える屋根が書斎のある自宅。
  正面が記念館。

  訪問者ノートに、たいていの日本人は著作についてだが、
  中国語で書かれているものの中には「安藤的~」
  というのが多く、建築を第一の目的にきた中国人もいるようだ。
 


ここを訪れて、もっと司馬遼太郎の本を読みたくなった。


スポンサーサイト


| コメント(4) | トラックバック(0)2009/01/12(月)12:31

コメント

お!

久しぶりの更新ですね!
司馬遼太郎記念館行ってみたいですねぇ!
うらやましい!!

2009/01/12(月)14:25| URL | yuu #- [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/02/05(金)19:29| | # [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/10/25(木)08:42| | # [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/11/29(木)06:58| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。