FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

竜馬がゆく(6-8)

だいぶ前に読み終わった本。
座右の書に入れたい名作。

竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



ちょうど転職活動中に読み始めて、大きな影響を受けた。

「これからどう生きるか?」
「将来、何をすべきか?」

この「竜馬がゆく」が大きな指針となった。


第6巻~第8巻で、グッときたのは次の3点。

 ①竜馬のセリフ
  「生死などはとりたてて考えるほどのことではない。
   何をするかということだけだと思っている。
   世に生を得るは事を成すにあり、と自分は考えている」
   
   ここでいう「事とは、仕事。先人の真似ごとはくだらぬ」

  →竜馬の一番有名な言葉はこれではないだろうか。
   この言葉に「人生において何をすべきか」
   という問いの答えがあると思う。

 ②高杉晋作の言葉
  「男子は決して困った、という言葉を吐くな。
   どんなことでも周到に考え抜いたすえに行動し、困らぬようにしておく。
   それでもなおかつ窮地におちた場合でも、『困った』とはいわない。
   困った、といったとたん、
   人間は智恵も分別もでないようになってしまう。
   そうなれば窮地が死地になる、活路が見出されなくなる」

  →いわば、ポジティブ思考。  
   成功者の本を読んでいても共通する点だが、彼らは皆ポジティブ。

   竜馬も「おれは落胆するよりも次の策を考えるほうの人間だ」
   といっている。


 ③大事業を成すことについて、竜馬の言葉。
  「仕事いうものは、全部やっていはいけない。
   八分まででいい。
   八分までが困難の道である。
   あとの二分は誰でもできる。
   その二分は人にやらせて完成の功を譲ってしまう。
   そうでなければ大事業というものはできない」

  →まるで経営者のようなことば。
   あくまでも、縁の下の力持ち的なところが男気あふれる。



2008年は乱読しまくったが、一番の出会いは、この「竜馬がゆく」かもしれない。

1巻あたり約400ページ × 8巻 =約3200ページ
と、かなり長いが、男子たるものこれを読まずにいるのは、
一生の不覚であろう。

もちろん女子も。

スポンサーサイト


本(教養) | コメント(0) | トラックバック(0)2009/01/12(月)12:02

「竜馬がゆく(2)(3)」

このシリーズの2巻と3巻を読んだ。

竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



2巻では、

「狭い土佐よりも広い世間のほうが、大きな絵がかけるだろう」

と竜馬が土佐藩を脱藩を決意する。


3巻では、勝海舟と出会い、諸外国のことを知り、

「日本は開国して、海外と交易しなければならない。

そのためにこそ、幕府を倒さなければならないのだ」

と密かに思い始める。


3巻でグッときたところは次の3点。

 ①18歳の時、工事の一区間の長になった竜馬。
  竜馬は居眠りをしているだけだが、他の区間の半分の日数で
  終った事に関して

  「まず、仕事の責任者を巧みにえらび、それぞれ分掌させ、競争させた。
   あとは、毎日出来ぐあいを検分して、褒美をやった」

  →人を指揮するコツを押さえている。

    私も幹部ジエイカンとして部下を持って工事をしたりしたが、
    部下の中の長が優秀だと、順調であった。

    私があげられる褒美は、休みだけだから、
    「早く終れば、今日は終わり」
    として、彼らの士気を高めていた。


 ②勝海舟が塾の学生を見て
 
  「私の塾の連中の勉強ぶりをみていると、将来国家をになうのは
  田舎者で、旗本八万騎の子弟ではない気がする」

  →確かに倒幕に尽力したのは、薩摩、長州、土佐が中心。

   東北出身の田舎者の私には、何とも心強いことば!


 ③人は何のために生きているかという竜馬の持論
  
  「事をなすためじゃ。ただし、事をなすにあたっては、
  人の真似をしちゃいかん」
  「世の既成概念をやぶる、というのが真の仕事というもの」

  →男としてグッと来ることば!!

   竜馬はこれを言っただけでなく、実際に行動しているのがすごい。



   これとは関係ないが、某商社の新卒向けメッセージは

   「異なる個となり、事を成せ」

   ↑うまい!!
  


へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(2) | トラックバック(0)2008/10/31(金)22:36

「竜馬がゆく(1)」

ある雑誌で「経営者は歴史書を好む」とあったので、

司馬遼太郎のこの本を読んでいる。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



「坂本竜馬は知っているけど、一言で言うと何をした人?」

という自分への問いに答えられなかったので、

これを読んで坂本竜馬を知ろうと思った。

詳しく知りたい方はこちらをぽちっとして下さい。
wikiのリンク貼ってます。


この本は1巻から8巻まである。

まずは1巻の中で印象に残った言葉は次の3つ。

 ①(富士山を見て)
  「血の気の熱い頃にこの風景を見て感じぬ人間は、
  どれほど才があってもろくなやつにはなるまい」

  → 感受性が豊か。

    「日本一」というものに憧れていると思われる。


 ②「学問も大事だが、知ってかつ実行する男子の道である」
  (吉田松陰の言葉)

  →まるで私に「本ばかり読んでもダメだ」といっているようだ。

   知識を活かすべく、転職活動しています...


 ③「武士であるとか、町人であるとかそういうものはこの世の借り着で、
  
   正真正銘なのは人間いっぴきの坂本竜馬だけである」

   →肩書きではなく人間そのもので勝負しようということか。



「竜馬がゆく」は読んでいてワクワクする。

幕末という新しい時代になろうという時の雰囲気が想像できる。



へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(1) | トラックバック(0)2008/10/27(月)20:56

「スキニービッチ 世界最新最強! オーガニックダイエット」

ダイエットをしているわけではないが、健康には気をつけている。

スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエットスキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット
(2008/07/15)
ロリー・フリードマンキム・バーノウィン

商品詳細を見る


世界20カ国でベストセラーになっているらしい。

「本を読み通したことがないの」というヴィクトリア・ベッカムさえ購入したという話題の本。

この本は、ダイエット本というよりは「食を見直しましょう」という本。


この本の結論から言うと、

 ①成分表をよく読む

 ②カラダにいいものだけを食べる


個人的に印象に残った、というか本当なの?と思ったのは次の3点。

 ①食肉はみんなクスリ漬け
   
   家畜は非衛生的な場所にいるため、抗生物質を与えられている。
 
   家畜を大きくさせるためにステロイド、成長ホルモンを与えられている。


 ②牛乳を飲むと骨が弱る

   骨粗しょう症が多いのは、肉や牛乳などの動物性食品を多く摂るアメリカや北欧  


 ③一流スポーツ選手にベジタリアンが多い

   たんぱく質は野菜からも摂れる。

   マメ、ナッツ、豆腐などの大豆製品などから。

   筋肉は動物性たんぱく質から、というのは産業界の神話


いろいろと衝撃的なことが書かれているが、

168の参考文献リストが載っているから、裏づけのあるものだろう。


ただ、この通りの食生活を気をつけるならば、

そこらのスーパーでは買い物ができなくなりそう。


へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(0) | トラックバック(0)2008/10/23(木)20:36

「頭のいい人の短く深く眠る法」

本屋さんでは、売れている本コーナーにある本。


頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方
(2005/08)
藤本 憲幸

商品詳細を見る


新しい本かと思ったら、2005年8月発行。

-「できる人」ほど眠り上手- らしい。

無駄な睡眠時間を削って、
その時間でもっと生産的なことができたらな、と思う。
「へぇ~」と思ったのは次の3点。

 ①就寝前・起床後の呼吸法
  1)両方の鼻孔と口から大きく息を吸って、頭を思いっきり後ろへ倒す。
  2)あごを前に突き出すようにしながら息を止める。
  3)両鼻孔と口から静かに息を吐く
    これを7回繰り返す。

  →これを起床直後に、窓を開けて外気を吸ってやってみた。
 
   →すっきり!!
    7回もやらなかったけど、3回くらいやれば、脳に酸素がまわる!

 ②目覚めたとき、すぐ寝床の中でできる覚醒効果の高い運動
  1)両足の親指と第二指をパチンパチンと音が出るくらいに叩き合わせる。
  2)5分間やると、3キロ走ったのと同じ覚醒効果がある。

  →起床直後は忘れててやっていない。
   でも、今やってみると確かに足指が疲れる。

 ③眠れないときは「何でもベスト10」を考える。
  好きな本ベスト10、好きな女優ベスト10など。

  →これもまだやっていない。
   でも、面白い考え方。

この他に「2週間で3時間睡眠にする方法」もあるけど、
今のところ、そこまでする必要はない。


一番のおすすめは①です。

是非やってみてください。



ぽちっとよろしくお願いします。

banner_03.gif     a_01.gif

テーマ:読んだ本。│ジャンル:本・雑誌
本(教養) | コメント(1) | トラックバック(0)2008/10/12(日)22:15

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。