FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

司馬遼太郎記念館

最近はまっている、司馬遼太郎。

読んだ本の巻末に
「司馬遼太郎記念館へのお誘い」
という広告が載っていた。

よく見ると、大阪!
私が現在いるもの大阪!

ならば、行かないわけにはいかない!


地下鉄、近鉄奈良線を乗り継いで到着。


訪れての感想は次の3つ。

 ①コンセプトが他の記念館と違う。
  
  よくあるように、生い立ちから、ではなく
  司馬遼太郎の本と蔵書と、使っていたものを展示しているだけ。
  「司馬遼太郎と訪問者との対話」がコンセプトのようだ。
  なんと、その蔵書は6万冊!
  歴史小説家だけに、各地の地史や古典など莫大な量。
  展示されている蔵書は2万冊だが、その展示っぷりがすごい。
  本棚が、高さ11mの吹き抜けになっている。
  
  まるで、司馬遼太郎の頭の中の一部が展示されているよう。

  あれだけの小説を書くには、莫大な量の参考資料、
  そして、歴史への情熱がなければ書けないのだろう。

 ②記念館の場所が、自宅の敷地内。

  すぐ隣に自宅があり、書斎が窓越しに見えるようになっている。↓

  書斎

  ここから、名作が生まれたのかと思うと、心が踊る。


 ③有名建築家、安藤忠雄の設計。

  先述の本棚も、安藤忠雄のアイデアらしい。
  「司馬遼太郎と訪問者との対話」というものを、うまく表現している。

司馬

  右に見える屋根が書斎のある自宅。
  正面が記念館。

  訪問者ノートに、たいていの日本人は著作についてだが、
  中国語で書かれているものの中には「安藤的~」
  というのが多く、建築を第一の目的にきた中国人もいるようだ。
 


ここを訪れて、もっと司馬遼太郎の本を読みたくなった。


スポンサーサイト


| コメント(4) | トラックバック(0)2009/01/12(月)12:31

再び 寝台特急日本海

大阪への移動手段は、再び寝台特急日本海。

2230に秋田駅出発。

向かいの席には先客が。

カーテンが閉まっていて、どんな人かは分からない。

しかし、足元の靴を見ると女性らしい。

一人ベッドメイクしていると、

電話の話し声が聞こえた。


 ん!? 日本語ではない!! 


韓国語ではなさそう。

アジア系の言語。


この後、彼女は消灯。

想像が膨らむ...

翌日の朝、カーテンがあくのを待とう。

明日の目標は「彼女と会話をする」に決定!!




そして翌朝。

自分のカーテンを開け、読書していると

向かいのカーテンも開いた。


 おっ、若い女性!

 しかも、かわいい!


私は、ヨン様なみに微笑んで、目であいさつ。

見た目は日本人ぽいが、やはり、イントネーションが少し違う。

私「どこから来ましたか」

彼女「中国 大連デス」

軽く質問をしていたが、彼女が日本語の資料を読んでいて、

私がウザそうだったので、いったん会話を打ち切る。



私も簿記の勉強を始めつつも、会話のタイミングを探る。


のちに彼女が資料をしまい、車窓を眺めていたので、会話再開。

琵琶湖


彼女の名前は、郭昌昌。

どうやら、中国で2年日本語を勉強し、今は青森中央学院大学。

中国の日本語学校の提携先が、京都、岡山、青森にあるらしく、

彼女は青森になってしまったらしい。

彼女曰く「京都ダイトシ、青森ナンニモナイ」

今回は京都の友達に会いに行くとのこと。

いずれは大連に帰って、日本語教師になりたいらしい。

大連は日本語が人気。

日系企業も多い。



もっと会話をしたかったが、京都についてしまい、別れ。


しかし、私は何故か外国人に縁がある。

私自身も、英語を使いたくて、

機会があれば外国人と会話をして、いろいろ聞きたいと思っている。

この日は英語ではなく、日本に日本語の勉強に来ている学生なので、

日本語で話したが。



思いが強いと実現するのだろうか?



へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^


| コメント(2) | トラックバック(0)2008/11/14(金)23:23

奈良のシカとインドの牛

奈良といったら、シカ。

シカ

ベンチに座って、じっくりシカを観察した。


シカの一日は、食うか寝るか。

では、いつ排泄をするのか?


観察の結果、シカは食べながら出している。

「馬耳東風」

ならぬ

「鹿口尻糞」

とでもいうのでしょうか?


さらによく観察すると、シカのシッポは普段肛門の上にあり、肛門を隠している。

糞をする時は、それが自動的に上がりポトポト落とす。

排泄の自然の摂理に感動!


奈良公園にこれだけシカがいて、糞の処理がどうなっているか疑問だったが、

幸い、シカの糞はマメ程度の小さなもの。

だから、さほど目には入らない。


公園にシカがたくさんいるのを見て、私はインドを思い出した。

インドはどこにでも牛がいる。

牛は聖なる動物だから、殺してはいけない。

奈良のシカも、聖なる動物らしい。


奈良のシカがシカせんべいやのおばちゃんとのバトルは

インドの街中の露天商のおばちゃんのバトルとまったく同じ。

welcome牛

奈良のシカは、そんなにデカくなく、比較的かわいいと思えるサイズ。

インドの牛はデカくて、やや怖い。糞もデカい。


奈良のシカは、せんべいを貰ったりして食に苦労はしていないが

インドの牛は、毎日の食を得るだけでも大変。



日本は恵まれたいい国だ。



インド人が奈良公園にいったら、故郷を懐かしく思うだろう

と勝手に推測。



へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^



| コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/10(月)14:48

奈良 : 東大寺に関する考察

奈良といったら、大仏。

大仏といったら、東大寺。

東大寺

まず、驚いたのが、東大寺の大きさ。

デカイ!

さすが、中に大仏様がいるだけある。


勝手にガイドの案内を盗み聞きしたところによると、

屋根の上のシャチホコのような金色のものは、魚のシッポらしい。

火事を防ぐためのもので、中国から来ているおまじないらしい。



東大寺を見て、私はインドのタージマハルを思い出した。

ph_10b.jpg

巨大な歴史的建築物という点では同じ。



個人的には、「今まで見た中で感動した建築物ランキング」の

第1位が、タージマハル

この日、第2位に東大寺がランクインした。


| コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/10(月)14:23

寝台特急日本海

寝台特急日本海に乗った。


推理小説なら、殺人事件でも起きそうだが、

推理小説ではないので、何も起きない。


飛行機で行けばいいものの、体験的に寝台車に乗ってみたかった。

もちろん、交通費は支給されている。

これが寝台列車の中。

寝台

上にももう一段ある。

182cmある私が足を伸ばせる長さがある。

ただ、幅が若干狭い。

しかし、眠るのには十分。

IMGP1007_convert_20081107101241.jpg

通路はこんな感じ。

右は窓。


眠っても12時間は長い。

しかし、明るくなってからは琵琶湖が見えたりして旅情たっぷり。

琵琶湖

本を読んだり、

新聞を読んだり、

面接のシナリオ確認したり、

簿記の問題集やったり。


いろんなことに時間を使い、1500からの面接に備えた。


へぇ~と思った方はこちらをお願いします。
FC2ブログランキング
こちらもどうぞ。
人気ブログランキング

みなさんの清き1クリックが私の力となります^^


| コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/07(金)10:29

«  | HOME |  »


フリーエリア

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。